1. トップページ > 
  2. コラム > 
  3. 老化を加速させる「紫外線」

COLUMN

コラム

コラム

2017.08.07

老化を加速させる「紫外線」

毎日うだるような暑さと強い陽射しが続いていますが、紫外線対策は万全にされていますか?

近年、「紫外線」が肌や頭皮に及ぼす影響についてはテレビや雑誌やネットなどでも情報発信され、
一年中紫外線対策をしているという方も多くなりましたね。

肌の老化は、紫外線による「光老化」が約8割と言われています。
生まれてからずっと紫外線を浴び続けているから、赤ちゃんと70歳の方では、紫外線の浴びた量は年齢を重ねた人のほうが増えていく分、お肌もシワやシミやタルミが出て、いわゆる「老化」したとなる訳です。

・シミ
・シワ
・タルミ
・ソバカス
これらは、すべて紫外線が原因となっています。

肌のお悩みのほとんどじゃない?って感じですね。
下記の写真はこの紫外線によってどのぐらいダメージを受けたかがわかる写真




この方は28年間トラック運転手として働いてた男性で、顔の左側に紫外線を浴び続けたことで、
明らかに左側が老化しているのが一目瞭然!!(^_^;)
紫外線って怖いですね。。



私はこの写真を10年以上前に通っていた恐るべき美肌の持ち主である美人皮膚科医から見せられ、
衝撃を受けたのは今でも鮮明に覚えてます。


その時に美肌&美人皮膚科医からこんなアドバイスも受けました。


「日焼け止めクリームは、ただ塗っても効果がありませんよ」

これ、どういう事かと言うと
「肌に塗る量」が重要ポイントなのです。

実際その時に美肌の美人皮膚科医に「UVカットに効果的な使用量」を自分の顔に
塗布してもらいましたが、顔が白塗りしたように真っ白になるぐらい大量。
参考までに手のひらに500円玉大ぐらいは必要な量でした(笑)





驚異の美肌の持ち主の美人女医は、当時でおそらく40代前半ぐらい。
しかし、お肌は1歳児?3歳児?ですか?というぐらいシミ・シワが全く見当たらないゆでたての卵のようなピチピチ&ツルツルのお肌。



美人女医は、とにかく紫外線対策においては抜かりなくやっていると。
お部屋はすべて遮光カーテンで、朝起きてたっぷりUVクリーム塗ってから、初めて朝日を浴びるそう。徹底ぶりがスゴイ!



その驚異の美肌の持ち主の美人女医さんを真夏に何度か街頭でお見かけした時は、
日傘にツバの広い帽子にサングラスにUVカット手袋&UVアームカバーにとほぼ肌の露出がない感じで、まるで女ヴァンパイアのような装い!!(笑)

この女医さんに限らず、顔のお肌がキレイだけでなく年齢より顔の見た目年齢が若く見える私の知り合いは、必ず紫外線対策を万全にやっている!!


では、紫外線がなぜ肌の老化を引き起こすか?の簡単なご説明を。
紫外線で肌にダメージを与えるのは「UVA」と「UVB」の2種類。

■「UVB」は表皮層に届き、「UVA」は真皮層に届くもの。






■「UVA」の肌への影響
真皮層は「コラーゲン」などの”肌のハリ”を支える部分で、UVAを長時間浴びることで、「コラーゲン」が破壊されてしまい、結果、「しわ」や「たるみ」につながっていきます。


■「UVB」の肌への影響
「日焼け」と呼ばれるモノは、主に「UVB」が原因。
肌が赤くなったり、ヒリヒリして痛くなったり・・・
肌が荒れたり、ニキビができたりするのは、全部「UVB」が原因です。
UVBを受けた肌は、自分自身を守るために「肌表面を厚く」し
UVBに反応してメラニンが多く作られ「シミ」もできます。
つまり、「肌が焼けた」わけではなく、ただ単に肌を守ろうとしてメラニンが多く発生するのです。


老化の原因「紫外線」対策品のおススメ達


1. 日焼け止めクリーム
ドラッグストアや薬局や皮膚科、ネット通販などでも多くの種類の日焼け止めクリームが販売されていますが、顔だけは私は皮膚科医が推奨する日焼け止めクリームを使用しています。


SPF数値とは

SPFの数値単位は、時間で20~25分を1単位とします。
なので、SPF10だと、20×10で200分になり、3時間~4時間は日焼け止め効果があるということです。
国内販売のものでは、SPF50が最大値です。


PA値とは
+~++++まで4段階に分かれています。PA値は肌の色素沈着が起こるまでの時間を引き延ばすことができる数値です。
なので、+が多いものほど効果が期待出来ます。

いずれにせよ、これも塗る量が適量でないと効果が半減するので、顔が真っ白になるぐらいケチらずにたっぷり塗布すべし!です。





ラロッシュポゼ UVイデアXL SPF50/PA++++

ちなみにこの商品は、私が皮膚科でおすすめされ使用しているものです。
敏感肌用のUVクリームなので、
肌に負担をかけずにしっかり日焼け対策してくれて、保湿力もしっかりアリ!



2. 飲む日焼け止め
唯一リピートしているサプリメントと言えば、この「飲む日焼け止め」
最初に購入したきっかけは皮膚科だったのですが、
現在は、たくさんの種類がネット通販やドラッグストアでも購入できるようになっています。
実際飲んで、陽射しの強い海に行っても、赤くなったりする事もなく焼けないですね~。かなりオススメです。

・汗や水で流れ落ちた日焼け止めクリームを塗り直す必要がない!
・日焼け止めを塗り忘れてた部位があっても安心。
・サングラスしなくても、目も紫外線から守れる


特に海や川やプールに行ったりする時などは、日焼け止めクリーム塗ったところで、ほとんど流れおちてしまうので、本当に便利です。
紫外線を防ぐだけでなく、美肌効果のある成分も入っているものも沢山あります。


ヘリオケアウルトラD(30カプセル) 
個人的に愛用中ですが、とにかくこれ飲んでたら、日焼けしないです!
これは皮膚科でもネットでも購入できます。
飲んで30分後に効きだし、1粒で4~5時間ぐらいの紫外線カットの効果があります。



UVlock(30日分)
これは最近皮膚科で薦められた日本製の日焼け止めサプリ
1粒で24時間効果あるそうです。
最近こっちに乗り換えてみました。


3. UVカット付きコンタクト
最近、私が注目しているのがこれ!
仕事中や海で泳ぐなど状況によっては、サングラスを付けたままというのが難しい状況もありますよね。
そういった場合には、このUVカットするコンタクトが大活躍!1DAY使い捨てタイプも販売されているので、陽射しが強い場所に行く時だけ使うのもありです。
目と紫外線の影響は、降り注ぐ紫外線が強すぎると角膜や白目を覆う結膜などにダメージを与えてしまいます。


アキュビュー UV

4. UVカットカーデガン・UVカットパーカー
これは、2年前ぐらいからお世話になりっぱなしアイテム。
陽射しの強い外出時だけでなく、冷房が効きすぎた室内でも大活躍です。
パーカータイプは、腕だけでなく手までカバーできるものもあって、重宝します。






5. UVカットスプレー
老化の原因である「紫外線」がもっとも猛威をふるう場所は、実は顔より頭頂部なんですね。この頭頂部が浴びる紫外線量は、顔の3~5倍ほどと言われています。


顔と頭皮はつながっているので、顔の肌と同様ちゃんとケアをしないといけない場所なんです。

頭皮や髪が紫外線を浴びる事によってダメージを受けると、
「抜毛」「切れ毛」といった薄毛の原因になります。



一番の対策は帽子を被る事ですが、室内や場所によっては難しい状況もあるので、
UVカットスプレーを頭頂部に吹きかける事で帽子代わりですね。


ふわパフュSPF15 フレッシュシトラスの香り/オリエンタルの香り
頭皮・毛髪ケアが同時に出来るスタイリング剤
つけた瞬間ボリュームアップ出来て、紫外線も防止してくれるオールインワンヘアコスメ

女性だけでなく男性も髪の薄毛気になる方は頭頂部の紫外線対策は必須ですよ。


これ以上薄毛になりたくないって方は、詳しくはコチラを

関連商品